きっかけは、氷の溶けかけたアイスティーをすすりながら、先輩がつぶやいた一言でした。
「きっと僕みたいに、その話を聴きたい人がいるよ。」

私がブログなんて、とびっくりしているけれど。

何を書けばいいんだろう。

どんなことが、いろんな人の毎日のほんの1秒に、

花束とまでいかなくとも、花びらを添えられるんだろう。

わからないけれど、でもちょっとずつ。

せわしなく過ぎていく毎日だけど、ふっと肩が軽くなったり、わくわくできたらと願って。

気ままにお付き合いいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ちょこる

おすすめの記事